スイス地検は、サッカーによるサッカー皇帝の詐欺を調べた。-doat

スイス地検によると、ドイツ地検は、詐欺事件に巻き込まれて腐敗スキャンダルに巻き込まれた疑いで、スイス地検が発表したことを明らかにした。ご存知のように、過去数年、国際サッカー界を巻き起こした腐敗行動、期間多くFIFA役人が逮捕され、2有難ブラッターとプラティニ全部禁止されてから、国際サッカー連盟とヨーロッパサッカー連盟をシャッフル。捜査が進むにつれて、警察は突然、ワールドカップの招致も腐敗した疑いがあり、その中には2006年にドイツがワールドカップの開催権を招致することを含みました。スイスに検察側とドイツメディアの「シュピーゲル」によると、ドイツ組織委員会のワールドカップ開催権を獲得するために、贈賄金額ガンダム670万ユーロ。スイス検察側は、ドイツ組織委員会4人の問題が最大で、ドイツ前サッカー協会の副主席兼2006年世界杯委員会の議長であり、ドイツのワールドカップ委員会の副主席であり、ドイツサッカー協会の議長、ドイツサッカー協会主席、ドイツワールドカップ委員会副主席を兼ねていた。スイス司法部門によると、この4人の容疑者ドイツ誤解他ワールドカップ組織委員会の委員会のメンバーとして、詐欺、隠しや不法の信託基金などの不当な操作ドイツサッカー協会により被害。この資金はスイス経由で振込みをしていたため、スイス司法省は、彼らの管轄範囲内にあると考えています。その前に、ドイツサッカー協会の会長を辞めていたが、腐敗した問題があって、関係部門は1年を禁じた。(垣根)

瑞士检方宣布调查贝肯鲍尔 足球皇帝涉嫌欺诈+洗钱 贝肯鲍尔卷入腐败丑闻凤凰体育讯 日前,瑞士检方正式发表声明,由于贝肯鲍尔等四名2006年德国世界杯申办组委会成员涉嫌欺诈和洗钱,正式立案调查。众所周知,过去几年来,国际足坛掀起了反腐行动,期间诸多FIFA官员被逮捕,两大佬布拉特和普拉蒂尼全部被禁足,国际足联和欧足联进行大洗牌。随着调查的深入,警方突然发现,世界杯申办也涉嫌腐败,其中包括2006年德国申办世界杯举办权。按照瑞士检方和德国媒体《明镜周刊》的说法,德国组委会为了获得世界杯举办权,行贿金额高达670万欧元。瑞士检方认为,当时德国组委会四名成员的问题最大,分别是德国前足协副主席兼2006年世界杯赛事组委会主席;尼尔斯巴赫,他是德国世界杯赛事组委会副主席,同时兼任德国足协主席;茨旺齐格:前德国足协主席、德国世界杯组委会副主席;霍斯特-施密特:前德国足协秘书长、德国世界杯组委会副主席。瑞士司法部门指出,这四名嫌疑人误导其他德国世界杯组委会的执委会成员,他们通过欺诈、掩盖事实和对非法的对信托基金之类的不当操作致使德国足协蒙受经济损失。而这笔资金经由瑞士转账,所以瑞士司法部认为此案在他们的管辖范围之内。在此之前,尼尔斯巴赫已经辞去德国足协主席一职,而且因为腐败问题,被相关部门禁足一年。(篱笆)相关的主题文章: